トップページ > 外国人のみなさんへ
外国人のみなさんへ
岐阜県医療通訳ボランティア斡旋事業

岐阜県では、日本語が不自由な外国人の皆様が、安心して医療機関を受診することができるよう、医療機関の依頼に応じて、一定レベル以上の知識及び技術を持った医療通訳ボランティア(言語は、ポルトガル語、中国語及びタガログ語)を斡旋するシステムを運営しております。

平成24、25年度に「医療通訳ボランティア派遣システム実証実験」の名前で派遣をしておりましたが、平成26年度より実証実験を終了し、標題のとおり事業名を改め、本格稼働となりました。

 

 

1 医療通訳ボランティア斡旋期間

平成26年4月1日(火)~

 

2 医療通訳ボランティア派遣先医療機関(2019年5月現在)

 1 ・岐阜大学医学部附属病院(岐阜市)
 2 ・岐阜県総合医療センター(岐阜市)
 3 ・岐阜市民病院(岐阜市)
 4 ・まつなみ健康増進クリニック(笠松町)
 5 ・松波総合病院(笠松町)
 6 ・東海中央病院(各務原市)
 7 ・中濃厚生病院(関市)
 8 ・木沢記念病院(美濃加茂市)
 9 ・岐阜県立多治見病院(多治見市)
10 ・独立行政法人国立病院機構 長良医療センター(岐阜市)
11 ・岐阜市福祉型児童発達支援センター みやこ園(岐阜市)
12 ・大垣徳洲会病院(大垣市)
13 ・岐阜赤十字病院(岐阜市)
14

・岐阜清流病院(岐阜市)

15

・朝日大学医科歯科医療センター(瑞穂市)


3 斡旋する医療通訳ボランティア(2019年2月現在)

これまでにGICが実施した医療通訳ボランティア登録試験に合格し、登録をした方。
登録者数 65名(言語別内訳)ポルトガル語21名、中国語32名、タガログ語12名

 

4 医療通訳ボランティア派遣の流れ

(1) 医療機関が医療通訳ボランティア派遣事務局(以下「事務局」。GIC)に、原則として最も早い派遣希望日から起算して3日前(事務局の休日は日数に数えません。)までに医療通訳ボランティア斡旋を依頼します。

(2) 事務局は、登録されている医療通訳ボランティアの中から、依頼内容に対応可能な方を斡旋します。

(3) 医療通訳ボランティアの方は指定された日時に、依頼のあった医療機関において通訳を行います。1回当たりの通訳時間は、概ね2時間程度です。

 

5 医療通訳ボランティアへの謝金

本事業では、依頼元医療機関若しくは患者様にご負担いただきます。

なお、謝金の額は、1回当たり3,000円(交通費相当額を含む)です。

 

 

6 利用規程、事務処理要領及び各様式について

本事業の利用規程、事務処理要領及び医療通訳ボランティア派遣の際に必要な様式です。

斡旋先医療機関の方は、こちらからダウンロードしてお使いください。

 ●岐阜県医療通訳ボランティア斡旋事業とは  PDFダウンロードボタン
 ●利用規程 Wordダウンロードボタン
 ●事務処理要領、事務手順のフロー図 Wordダウンロードボタン(要領)Wordダウンロードボタン(フロー)
 ●日本語様式
 ・利用申込書、変更届出書、利用停止申込書 Wordダウンロードボタン(様式1、2)
 ・同意書、注意事項 Wordダウンロードボタン(様式4、4-1)
 ・斡旋依頼書、完了報告書、請求書 Wordダウンロードボタン(様式5,6,9)
 ※上記の様式は、規程、事務処理要領から一括ダウンロードが可能です。
●外国語版様式(同意書、注意事項)
 ・タガログ語 Wordダウンロードボタン ※フィリピン人患者向け
 ・ポルトガル語 Wordダウンロードボタン ※ブラジル人患者向け
 ・中国語 Wordダウンロードボタン ※中国人患者向け

 

    ・利用申込書(様式1)
      ※本事業を利用するにあたり、提携病院として登録する必要があります。
       当センターまで申込書を郵送してください。(要捺印)  

    ・同意書、注意事項(様式4.4-2)
         ※医療機関が使用、外国人患者が分かるよう外国語版をご利用ください。  
    ・請求書、領収書(様式9)※通訳料が患者負担の場合 
      ※医療機関より様式を医療通訳ボランティアへお渡しいただけますと助かります。
       医療通訳ボランティアが使用します。

 

  ↓クリックで拡大

 02_leaflet_20190129.jpg